第2弾 Special 特集 <<コーヒーと音楽>>NORAH’S COFFEE TABLE


秋のcoffee Special!!
この記事をご覧いただいた方限定で、
Flat White(East London Style)
フラット・ホワイト 1杯 330円280円!
になります。エスプレッソコーヒーにクリーミーなスティームミルクが絡み合った、とても美味しいコーヒーです。スタッフに画面を提示してください。
※お一人様1杯まで(2017年11月30日まで)

 

前回のSpecial特集<<コーヒーと音楽>>の第二弾!
●第一弾はこちらから

 

 

まずはNORAH’S COFFEE TABLE の新しいメニューをご紹介。

 

下北沢カレーフェスティバルで好評を得た、北海道直送のキーマカレー(デミカップコーヒー付き)<600円>

 

Milk Chocolate <ミルクチョコレート> 350円
温かくて優しい味わいのミルクチョコレートに、ジャムクラッカーを添えられています。

 

 

 

前回のspecial特集では、音楽ライターの内本順一さんにお話を伺いました。今回のゲストはこの方。

 

沼倉康介
(株)アルテスパブリッシング勤務。世田谷区代沢にオフィスを構えるアルテスは「音楽を愛する人のための出版社」として、質の高い音楽関連書籍を多数世に送りだしている。スタッフの行きつけランチ場は『山角』。

 

 

 

ーアルテスさんは、春からラジオ番組を始めたんですよね。番組のタイトルが『music book café』。まさにこの企画にぴったりではないか!と。
沼倉:おつきあいのあったラジオ局で番組に空きが出たということと、アルテスだけではできないけれど、一緒にやってくれる人がいたことで、実現しました。城西国際大学の学生さんが、録音や編集など全てボランティアでやってくださっています。

 

ー全国で聞けるんですよね?
沼倉:はい。全国60局以上のコミュニティFMで聞くことができます。サッカー中継が始まるからって途中で切られたりもするんですけど(苦笑)。

ー地域情報優先でフレキシブル(苦笑)。下北沢にもコミュニティFMはありますよね?

 

ー沼倉さんは、聞くところによると、会社でも美味しいコーヒーを淹れる係だそうですね。
沼倉:入社した時、オフィスにはカリタのドリッパーとフィルターはあったんですけど、ポットがなくて。ヤカンはあるんですけどね。だからお湯を注ぐとジョボジョボジョボって。これじゃダメだ!と思って、経費でケトルを買ってもらって、次にハリオのv60ドリッパーを買って。しばらくはミルもなかったんですけど、今年の年明けくらいに、自宅から使っていないミルを持ってきて、しあわせだなぁ〜と(笑)。

 

ー(笑)。では、しあわせが倍増する音楽、ご紹介ください。
沼倉:田中茉裕の『I’m Here』です。独特の変わった声だけど、こねていない。狙ってあの声を出しているのではなく、素直に出したらあの声だった、という感じが好きですね。切実な叫びが入るんですけど、それが独りよがりじゃないところもいいです。僕の場合、コーヒーに合わない音楽が、あまり見つからなくて。

 

 

ーでも、この音はオレンジジュースっぽいな、とかあるじゃないですか?
沼倉:そういう考え方をすればよかったのか!!(笑)ふちがみとふなととパスカルズの『1と2』は、アコースティックなオーケストラなんですけど、ゴージャスな感じがなくて。素朴で響きがゆったりしています。僕は渕上さんの歌声もすごく好きなんです。

 

 

ー女性の歌声の方がコーヒーには合いますかね?
沼倉:なぜか今日は女性ばかりになりそうで。だからアラン・トゥーサンを保険で持ってきました。これなら間違いない。誰が見ても「あぁ、なるほど」と思えるんじゃないか、と(笑)。トゥーサンは番茶でもいけますけどね。この『ザ・ブライト・ミシシッピ』は、昔のジャズをトゥーサンの解釈でカヴァーした作品です。

 

 

ーこれは?
『Down South』は、ノルウェイのジャズ・ベーシスト、スタイナー・ラクネスのアルバムで、日本盤は出ていないと思います。彼は昨年、ピーター・バラカン氏が主宰している『LIVE MAGIC!』に出演しています(註:ヴォーカリストと組んだデュオ・ユニット=ARVVASとして出演)。とにかく、ウッド・ベースの低音が一番下まで入ってて、声も低くて、すごいです。
 そして、これ。持ってくるかどうか悩んだんですけど。そもそも、音楽じゃない(笑)。角田俊也さんという、90年代からアート・グループWrKをやっている方のフィールド・レコーディングなんです。とにかくこれ、集中して通しで聴かないと良さがわからない。かつては馬の墓場で、現在はただの野原に石碑だけが立っている、何も起きていない場所で、音を録音しているんです。僕は幽霊とかそういうもの、全く興味がないんですけど、これを聴いていると“何かいるとしか思えない音”が聞こえてくるんですよね。

 

 

ーこの作品、時間はどれくらいあるんですか?
沼倉:2枚組なので2時間以上ですね。これを聴いている時、コーヒー飲んでいたなぁ、と思って。長く何かにのめり込むとき、例えば、これから頂いた原稿を読むぞというときなんかは、コーヒーを4〜5杯分用意して臨むことが多いですね。この作品の場合は、例えば、家族の昔のビデオを観ているとき、まだ幼い子供の姿を観て楽しむ一方で、その背景に懐かしい思い喚起されたりしますよね。それに似ているのかも。意識にのぼっていないけれど、ある感情を引き起こす何かがある、というか。

 

ーそんな時、コーヒーはどんな役割を?
沼倉:意識を覚醒させるというか、気持ちをゆったりさせるというか、そんな感じですかね。

 

 

ご紹介した アルテス さんが放送している ホント音楽のためのラジオ番組 music book caféはこちらをチェック!

 

取材したのは、音楽ライターの赤尾美香(右)。

 

 

▼取材をしたお店

NORAH’S COFFEE TABLE

 

 

 

 

▼お店情報

店名 NORAH’S COFFEE TABLE
店名カナ ノラズコーヒーテーブル
住所 東京都世田谷区北沢2-26-25 kuboビル 1F
TEL

03-3468-2014

営業時間 月〜木 9:00〜20:00
金土日祝 9:00〜21:30
定休日 なし
クレジットカード ×
URL

http://blog.livedoor.jp/vw1975-nct/