世田谷代田朝市


東京農大の世田谷代田キャンパスがオープンし、下北沢地区の鉄道跡地にて「地域住民と街をつなぐコミュニティ」の拠点として、ここでは食農関係の市民講座を開催するほか、東京農大のアンテナショップとして、東京農大オリジナルグッズや卒業生が醸した日本酒、その他加工品を販売しています。

 

コンセプトとして掲げている、気軽に集える場所を目指し、豊かな暮らしや人と人の繋がりが生まれるキッカケ作りを行うこと。それを加速化するために、今回「世田谷代田朝市実行委員会」を発足し、6月29日(土)に朝市を開催することが決定。

 

このプロジェクトは世田谷代田キャンパスを起点とした商店街活性化を目的としており、東京農大ゆかりの旬の生鮮品また地域の特産品など生産者や関係者が直接販売を行う事で経済波及効果を狙います。この機会に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

詳細

 

開始日

6/29(土)7:00~11:00

(以降は毎月第2第4土曜日 7:00~11:00開催)

 

会場

東京農業大学 世田谷代田キャンパス

〒155-0033

東京都世田谷区代田3丁目58−7

 

出展者

農大ハチロク会、その他

 

主 催

世田谷代田朝市実行委員会

 

スペシャル企画!地ビール一杯500円(10~17時)

八ヶ岳ブルワリーTouch Downと醸した1杯目専用生ビール「ファーストダウン」が売れに売れまくり、ご好評につき、セカンドバッチ販売決定。

 

https://firstdown-beer.com/

 

当日は、ヘッドブルワー松岡風人氏にもお越しいただき「とりあえず」の枠を超えて最高の体験にするラガービールこと「ファーストダウン」を一杯500円で提供。ファンの方も、まだ飲んだこともない方も是非この機会にいっちゃってください。また、当日は東京農大とコラボしたカムカムビールも500円で提供します。こちらのフルーツビアーは7月下旬販売予定ですが、今回限定で提供します。

 

【ファーストダウンとは?】

ビールが本当においしいのは1杯目。そんな大切な1杯目を「とりあえず」で飲むのはもったいない。ファーストダウンは、その1杯目を「とりあえず」の枠を超えて最高の体験にするラガービールです。地元ブランド米の「梨北米」を使用することで、日本人好みのまろやかな飲み口に。合わせるのは高品質のカナダ産麦芽。麦に含まれるデンプンを糖に変えるための酵素力が強く、米とのマッチングが良いので、最高の1杯目に最適な初夏らしいのどごしが楽しめます。

 

*主な取り組み内容(マイナビ農業)

 

 

【農大ハチロク会(1986年生まれの五黄の寅世代)】

東京農大OBが集まり、生産者支援として商品開発や販促支援を行っております。商品やイベントを通して需要を喚起し、農家の所得向上及び産地の認知度を向上させることで経済波及効果を狙います。さらに消費者に訴えかける新しい手法を確立し、異業種を有機的に結びつけることで商品のブランド力を高めます。異業種間連携により、独自の魅力(質・効能・安全性)の存在を示す「ブランド」を確立し、長期間にわたる経済効果を生み出します。

*農大ハチロク会はNPO食農研センターの販売部門で、神田駿河台の路面店にも店舗を構えてます。

 

 

お問い合わせ先

企業名:株式会社みんなの農業

担当者名:秋丸剛志

TEL:03-3292-5077

Email:info@everybodys-agriculture.com