詩と夜の古本市

2019/11/01 12:00 ~ 2019/11/30 20:00

下北沢南西口より徒歩3分の三叉路、人々が交差するこの場所に灯をと想い名付けた、「三叉灯(sansato)」は、雑貨、衣類、イベントスペースのあるお店です。

1Fは特別な日にもピッタリな個人作家さんのアクセサリーや雑貨、
大切な人へのプレゼントで笑顔が見つけられるような作品を多数そろえております。

2Fは衣類を始め、履き心地良いシューズ。
他、季節ごとの可愛いい商材をリーズナブルな価格にて取り揃えております。

3Fはカフェスペース/イベントスペースとして、「room310」を2017年 夏にオープン。
「room310」ではカフェで休憩して頂く以外にも、定期的に個人作家さんの個展、詩の朗読会、その他企画展を下北沢特有の立地を生かし、ちょっとした文化の香りを皆様に少しでもお届出来ればと、不定期ではありますが行っています。

 

11月は詩と夜の古本市を開催。

テーマは「詩」と「夜」。
会場の310号室の居心地がとっても良く、ぼんやりとしながら夕暮れをむかえた時の、下北沢の街並みをご堪能いただきたいと思い、そのようなテーマにいたしました。

思えば「夜」から連想するイメージは多角的にあり、「詩」との相性も抜群です。

今回は、吉祥寺と西荻窪の真ん中あたりにある、古本と新本の書店「青と夜ノ空」さんと、画家でイラストレーターの高橋岳人さんをおむかえしまし、高橋岳人さんには、テーマに合わせてイラストを描きおろしていただきました。原画も古本市会場で販売します。

秋の夜長のおともを探しに。ゆっくりした時間を過ごされに。ぼんやりされに。

まるまる1ヶ月の開催ですので、ご都合のよろしい時に、また機会があれば何度でも遊びにいらしてはいかがでしょうか?

 

 

詳細

 

日時

2019年11月1日(金)~30日(土)
12:00~20:00(期間中無休)

 

会場

三叉灯

世田谷区代沢5-36-14

最寄駅 小田急・京王井の頭線 下北沢駅

 

主催

七月堂古書部

 

出店

青と夜ノ空
うららや
黒猫リベルタン文庫(Pippo)
高橋岳人
ヌイブックス
脳天松家
のほほん製作所(西尾勝彦)
百葉箱
ママ猫の古本や
無人駅をめぐる本屋
おやつ堂(焼き菓子のおやつ)
七月堂古書部

(敬称略)

 

GALLERY

▼会場詳細

店名 三叉灯(sansato)
店名カナ サンサト
住所 東京都世田谷区代沢5-36-14
TEL

03-3419-2305
お電話の際には、「I LOVE下北沢を見た」とお伝えください。

営業時間 11:00~20:00
定休日 無し
クレジットカード
URL

http://www.sansato.jp

Twitter @sansato_310